カートを見る

学会・セミナーレポート

第16回日本獣医がん学会 開催 

 2017年1月28日(土)・29日(日)に、第16回日本獣医がん学会がホテルニューオータニ(大阪)で開催された。
 16回目を数える今学会のメインテーマは「形質細胞腫」で、メインシンポジウムでは小笠原聖悟先生(アイデックスラボラトリーズ(株))が「形質細胞腫瘍の臨床病理」と題し臨床病理について、田邊美加先生(動物病理診断センター)が「君の名は?-“形質細胞”の名前がつく腫瘍を理解する-」と題し病理について、小林哲也先生(日本小動物医療センター付属 日本小動物がんセンター)が「形質細胞由来の腫瘍:診断と治療」と題し診断・治療を解説され、その後の総合討論では石田卓夫先生(赤坂動物病院)が座長を務められての総合討論が展開された。検査時の条件の統一の重要性や、細胞をアニメキャラクターにおきかえたわかりやすい解説、治療薬の用い方など、各先生方による丁寧なお話に、会場は熱心に耳を傾け、質問も飛び交い熱気あふれるシンポジウムとなった。また続く同テーマのケーススタディでは9題が発表され「形質細胞腫」に関する理解を深めた。
 この他、本会獣医腫瘍科認定医II種対応およびI種対応の講習会やシンポジウムや、企業協力によるランチョンセミナー、また一般口演など、盛りだくさんの内容に、約600人の参加者たちは、充実した2日間を過ごした。「より『がん』の専門性を高めた学会を目指していきたい」と日本獣医がん学会会長の石田卓夫先生は語る。次回は本年夏、東京で開催。


シンポジウム会場の様子

獣医オゾン療法臨床報告会 開催される

 2017年1月29日(日)、(株)堀場製作所東京セールスオフィス2階プレミアムホール(東京・神田)にて「獣医オゾン療法臨床報告会」が開催された。
 はじめに、「オゾン療法概要」として鷲巣 誠先生(日本医療・環境オゾン学会獣医部会会長、アニマルウエルネスセンター代表取締役)が講演され、オゾンに関する生物学的な効果および臨床応用などを解説された。次に三浦敏明先生(北海道大学名誉教授)による「オゾン療法の作用メカニズムについて」の講演が行われ、抗炎症作用や血流改善などの効果に関して作用機序をふまえながら解説された。
 そして、臨床報告として「慢性疾患の犬猫に対してオゾン療法を実施した症例報告」國分 亮先生(みなとよこはま動物病院)、中山一也先生(中山犬猫病院)、山田武喜先生(亀戸動物総合病院)、浜野貴行先生(目白動物病院)、永岡勝好先生(みなとよこはま動物病院)、「オゾン療法の取り組み」阿部知弘先生(アネモネ動物病院)、「オゾン療法情報のあれこれ」田口 徹氏((有)オーテックラボ)が行われた。当日は15時から18時までの予定だったが、大幅に時間を延長し、質疑応答でも活発な意見交換が行われた。

会場の様子