カートを見る

学会・セミナーレポート

東京大学大学院農学生命科学研究科と公益財団法人日本盲導犬協会との連携協力に関する包括協定調印式 開催

 2015年11月10日(火)、東京大学農学部キャンパスにおいて、東京大学大学院農学生命科学研究科(研究科長:丹下 健先生)と公益財団法人日本盲導犬協会(理事長:井上幸彦先生)が、連携協力に関する包括協定調印式を開催した。続くプレス発表では、前多敬一郎先生(同研究科 獣医学専攻長)、西村亮平先生(同研究科 獣医学専攻 教授)、吉川 明先生(日本盲導犬協会常任理事)、多和田悟先生(同協会 訓練事業本部長 常勤理事)、松波芳郎先生(同協会 神奈川訓練センター長 訓練育成管理長・盲導犬研究室長)から、協定の意義や連携内容について説明がなされた。現状では盲導犬育成の成功率は30~40%だが、当連携により早期にその適正を見極めることが可能になれば前出の成功率の向上が期待されることなどについて話された。同研究科と同協会はともに「今回の協定はまずは第一歩」という。これからより具体的な推進内容について取り決めていくとのことであり、今後の展開が待たれる。

調印式にて、井上幸彦先生(左)と丹下 健先生(右)

プレス発表にて、左より松波芳郎先生、多和田 悟先生、
吉川 明先生、前多敬一郎先生、西村亮平先生

第3回 日本医師会・日本獣医師会による連携シンポジウム 開催される

 2015年11月6日(金)、日本医師会館(東京・駒込)において、第3回 日本医師会・日本獣医師会による連携シンポジウムが開催された。今回は「越境性感染症の現状と課題」をテーマに計4講演が行われた。

 公益社団法人 日本獣医師会の藏内勇夫会長はご挨拶のなかで、世界医師会および世界獣医師会が開催するOne Health国際会議の第2回大会を日本開催で調整中であること、現在26の地方の医師会と獣医師会の学術協力の推進に関する協定を結んでおり、47都道府県すべてで協定を結べるよう進めている旨を述べた。

 そして、座長の1人であった日本大学生物資源科学部教授の丸山総一先生進行のもと、獣医師としては山口大学共同獣医学部教授の前田 健先生が「獣医学領域からのSFTS(重症熱性血小板減少症候群)の解明」と題し、SFTSウイルスの分離を通して、動物由来の感染症を知る重要性を解説された。

会場の様子