カートを見る

学会・セミナーレポート

第7回VEP(耳研)東京大会 開催

 2015年10月18日(日)、AP品川にて第7回VEP(Veterinary Ear disease Practice:耳研)東京大会が開催された。
 「その斜頸、実は耳です!~知ろう鼓膜の向こう側~」をテーマに、特別講演「イヌやネコの耳:聴覚と平衡機能からの中耳・内耳を考える」川崎安亮先生(鹿児島大学)、一般講演「中耳の解剖」山口 勝先生(エムズ・アニマル・ホスピタル)「斜頸…外耳炎・中耳炎・内耳炎???」臼井玲子先生(臼井犬猫病院)「中耳内の処置と注意点」田中樹竹先生(ぱんだ動物病院)、症例報告「3頭のフレンチ・ブルドッグにみられた捻転斜頸」三枝早苗先生、他(北川犬猫病院)「斜頸(内耳炎・中耳炎)のフレンチ・ブルドッグの一例」臼井玲子先生(前出)・飯田雅子先生(エムズ動物病院)「犬の耳疾患がもたらす様々な苦痛に関する考察」杉村 肇先生(どうぶつ耳科専門クリニック主の枝)と、充実した内容で展開。外耳・中耳・内耳の構造、ビデオオトスコープを用いての治療、脳・神経疾患に至るまで網羅した内容に会場の先生方は熱心に耳を傾けていた。
 「これからも獣医師の先生同士、耳科に関する意見交換や情報共有できる場としてあり続けたい」と本研究会会長の三枝早苗先生。
 次回は2016年12月4日、大阪にて開催予定。本研究会への問い合わせはVEP(耳研)事務局(mail@ac-rav.com)まで。

会場の様子

三枝早苗本会会長挨拶

日本臨床獣医学フォーラム年次大会2015開催

 2015年9月25日(金)~27日(日)の3日間にわたり、日本臨床獣医学フォーラム年次大会2015が東京、ホテルニューオータニで開催された。「もっと考えよう 伴侶動物との暮らし-どうぶつにやさしい医療-動物が楽しく快適なシニアライフを送るために」をテーマに、本年も小動物臨床獣医師、VNおよび市民対象のプログラムが数多く行われた。今年から展示会場も講演会場と同じく金曜日からの3日間開催となった。
 本年の年次大会の特色は「高齢動物シリーズ」と銘打ったセミナーであろう。獣医師プログラムでは歯科学、整形外科学、消化器病学、麻酔学、エキゾチックに関するセミナーが、VNプログラムでは眼科、理学療法、高齢動物学に関するセミナーが開催された。また、誰でも参加可能な特別プログラムでは多くの一般の方も多く聴講されていた。JBVPスペシャルシンポジウムでは「高齢動物との幸せな暮らしのために」をテーマに、徳力幹彦先生(山口大学名誉教授)、佐野忠士先生(酪農学園大学)、村田香織先生(もみの木動物病院)、太刀川史郎先生(たちかわ動物病院)をコメンテーターに、柴内晶子先生(赤坂動物病院)の司会の元、高齢動物との暮らしに関する解説が行われた。聴講者のほぼ8割が一般の方であったこと、夜鳴きする犬猫については外のにおいを嗅がせてあげるとよいということ、また老齢の犬や猫に対して、子犬や子猫を一緒に飼うとより元気に暮らしてくれるという話が印象的であった。
 そして、JBVP会長の石田卓夫先生は、初日の開会式にて、2019年にFASAVA(アジア小動物獣医師協会)東京大会を東京都獣医師会と共催で行うことを発表した。場所はホテルニューオータニ、2019年9月27日~29日開催予定。獣医界にとって大きな追い風になると期待される。
 次回開催は2016年9月23日(金)~25(日)予定。

開会式での石田卓夫先生

第1回VSJサミット 開催される

 2015年9月20日(日)、ミクシィ コラボレーションスペース(東京都・渋谷区)において、VSJ(Veterinary Services Japan)による、第1回VSJサミットが開催された。
 2010年頃より、日本の獣医業界について「スペシャリスト」(専門医)と「ジェネラリスト」(一般開業医)が、忌憚なく意見交換することを目的に辻田裕規先生(どうぶつ眼科専門クリニック)や三好紀彰先生(松山ほうじょう動物クリニック)といった先生方が中心となり、Facebookを中心に内々に展開してきたが、2014年に獣医学の枠を越えた仲間が集まり立ち上がったのがVSJ当団体である。Face to Faceでの意見交換ができるように、今回、第1回本サミットが開催された。
 岩永孝治先生(東京動物心臓病センター)、太田 寛先生(北海道大学)、小山田和央先生(松原動物病院)、小笠原聖悟先生(アイデックスラボラトリーズ)、佐藤昭司先生(千里ニュータウン動物病院)、佐野洋樹先生(ニュージーランド マッセイ大学)、高木 哲先生(北海道大学)、田邊美加先生(動物病理診断センター)、辻田裕規先生(前出)、朴 永泰先生(代官山動物病院)、原田 慶先生(日本小動物がんセンター)、藤井裕介先生(アセンズ動物病院)、古川敬之先生(日本動物高度医療センター名古屋分院)、中村篤史先生(TRVA夜間救急動物医療センター)、長濱正太郎先生(小動物麻酔鎮痛サポート)、西山ゆう子先生(ミグノンペットクリニック)といったスピーカーの先生方と、会場に集まったジェネラリストの先生方が、「日本における麻酔科/エマージェンシー科の必要性について」、「専門医の独立開業と勤務の違いとは?」、「日本と米国の教育システムの違いとは?」、「日本の腫瘍科・病理科のこれから」、「ジェネラリストはスペシャリストをどう活用すべき」、「これから専門分野はどう進むべきか?」といったテーマごとに、互いが日頃から抱える悩みや疑問を率直に語り合い、問題点を共有し、未来に向けての獣医療について模索した。
 来年第2回も開催の予定。詳細はhttp://www.vsj-llc.net/まで(事務局:松山ほうじょう動物クリニック 三好紀彰先生)。

会場の様子。スペシャリストの先生方とジェネラリストの先生方による至近距離でのディスカッションが展開された