カートを見る

学会・セミナーレポート

日本動物看護学会第24回大会~20周年記念大会~開催される

 2015年7月4日(土)、5日(日)の2日間、日本獣医生命科学大学において、日本動物看護学会第24回大会~20周年記念大会~が開催された。雨天のなか、2日間で200名を超える参加があった。
 日本動物看護学会は、創設以来20年にわたり動物看護学の学術的側面を強化してきている。今大会ではメインテーマを「進化する動物看護学~さらなる動物看護学の発展をめざして、過去・現在・未来~」とし、日本の動物看護学と学会の歴史を振り返るとともに、今後を展望するプログラムとなった。
 会期両日とも「20周年シンポジウム」が開催され、1日目は桜井富士朗先生(帝京科学大学)、松原孝子先生(日本獣医生命科学大学)、左向敏紀先生(日本獣医生命科学大学)による「日本動物看護学会の20年」、2日目は「広がりゆく動物看護師の職域」と題し、動物看護学を学び動物病院以外の職場で働く人14人が、それぞれ知識と経験を生かした仕事内容を語った。また学会企画シンポジウムでは、現在大きな論点となっている「動物看護学教育と公的資格化」を取り上げ、公的資格化に向けての課題が、佐々木伸雄先生(動物看護師統一認定機構機構長)はじめ5名の先生方より提示された。
 卒後セミナー・講習では、食事管理、高齢動物、動物の交通事故などがテーマにあがり、「病気だけでなく動物全体を看る」動物看護学の広がりを示していた。

会場の様子

WJVF第6回大会 開催

 2015年7月10日(金)〜12日(日)、大阪市のホテルニューオータニ大阪および隣接する松下IMPビルにて、WJVF第6回大会が開催された。今年から金曜夕方からのスタートとなり、初日から多くの獣医師の先生と動物看護師が参加された。

 「獣医師セッション」、「スペシャリストに聞いてみよう」、「動物看護師セッション」、「実習」、「市民公開講座(11〜12日)」にカテゴリー分けされたプログラム構成で、獣医師、動物看護師、一般市民対象の講演が行われた。
 動物救急医療学、猫医学、腫瘍学や神経病学等プログラム内容は多岐にわたり、目白押しの充実したプログラムに参加者たちは熱心に耳を傾けた。
 また、企業展示ブースでは、景品が当たるスタンプラリーや前年に続きWJVFのFaceBookページに各出展企業が紹介されるなど、主催者側の熱意が伝わり、今大会も参加者全員が満足できる工夫がみられた大会であった。

 石田卓夫会長は開会式で、来年は金曜午後からと時間を繰り上げての開催を発表され、JBVP同様、今後もさらなる発展への意欲が感じられた。


開会式での石田卓夫先生

第13回日本獣医がん学会 開催される

 2015年7月4日(土)、5日(日)東京コンベンションセンター(東京都中央区京橋三丁目1-1 東京スクエアガーデン5F)において、第13回日本獣医がん学会が開催された。
 初日の「シンポジウム 併用放射線療法のススメ」では、放射線を専門とする先生方がそれぞれの症例をベースに治療法を紹介した。「パネルディスカッション:サージカルマージンを考える」では、病理と外科の先生方が、マージンについて検討を行った。
 2日目のシンポジウムでは口腔内悪性黒色腫をテーマに臨床病理、病理、外科的治療と予後、放射線治療、内科治療の5講演が行われた。犬の口にできる腫瘍は悪性ものが多く、重度の歯周病が腫瘍のケースもある。本シンポジウムでは、一般臨床医に対してどのように診断、治療すべきかを改めて確認させる場となった。会場は、用意した椅子がすべて埋まるほど盛況で、関心の高さが伺えた。
 同学会では一般口演、教育講演、サイコオンコロジーシンポジウムおよび認定医Ⅱ種試験対応の総合教育講演:腫瘍の臨床診断と治療(8 科目)も行われた。2日目には第5回獣医腫瘍科認定医Ⅱ種試験の合格者の授与式があり、29名が新たにⅡ種認定医となった。
次回第14回は泌尿器疾患をメインテーマに2016年1月30日(土)、31日(日)大阪で実施予定。


会場の様子

第2回 猫の集会 開催される

 2015年6月28日(日)、東京・品川インターシティホールにて、「獣医師・動物看護師のための勉強会 第2回猫の集会」が開催された。主催はJapanese Society of Feline Medicine(JSFM、ねこ医学会)であり、ISFM(国際猫医学会)の日本組織である。
 第2回のテーマは「猫の消化器疾患を知る−その1 嘔吐—」。
 「体系的な診断から誤診をなくす−嘔吐か吐出か? 急性か慢性か?−」石田卓夫先生(赤坂動物病院・JSFM代表)、「がん以外と嘔吐」中島亘先生(日本小動物医療センター)、「がんと嘔吐」小林哲也先生(日本小動物医療センター付属日本小動物がんセンター)による講演の後、辻本 元先生(東京大学)、西村亮平先生(東京大学)、賀川由美子先生(ノースラボ)を交えての総合討論が行われた。
 休憩を挟んで後半の技能講習「キャットフレンドリーになるために」では、竹内晶子先生(赤坂動物病院)、入交眞巳先生(日本獣医生命科学大学)、服部 幸先生(東京猫医療センター)、上田綾子氏(ロイヤルカナン ジャポン)により、診察時の猫の扱い方、暴れさせないための行動心理と実践について、実際の映像を交え、保定の方法等について説明された。
 500人を超える参加者が集まった第2回猫の集会。ISFMの日本におけるナショナルパートナーとしてJSFMは、今後ますます猫医療のレベルアップと福利向上を牽引していく。


会場の様子

第8回災害動物医療研究集会 開催される

 2015年6月28日(日)、日本獣医生命科学大学(東京都・武蔵野市)において、災害動物医療研究会による第8回研究集会が開催された。代表の羽山伸一先生(日本獣医生命科学大学)の挨拶の後、初のワークショップが展開。参加された会員の先生方を4グループに分けて、同行避難、学校飼育動物、ボランティアの有り様、地元との協力体制、公的機関との関わりなど、日頃から感じる問題点、課題を取り上げての白熱した意見交換が行われた。集約された意見は、災害時の動物医療支援活動を円滑に進めるための支援チーム養成プログラム作成に役立てられる。「絵に描いた餅にならないように、我々は考えていかなければならない。」と話す代表の羽山先生。
 研究会では今後、カリキュラム作り等、上記支援チーム養成プログラムをより具体的に推し進めていく。詳細は、災害動物医療研究会ホームページ http://www.javdm.org/ 、問い合わせは研究会事務局まで。

代表の羽山伸一先生


ワークショップの様子