カートを見る

学会・セミナーレポート

2015春季合同学会(第90回日本獣医麻酔外科学会、第102回日本獣医循環器学会、第57回日本獣医画像診断学会)開催される

 2015春季合同学会(第90回日本獣医麻酔外科学会、第102回日本獣医循環器学会、第57回日本獣医画像診断学会)が、2015年6月19日(金)~21日(日)の3日間にわたり大宮ソニックシティにおいて開催された。
 今回の合同シンポジウムは、日本獣医麻酔外科学会・日本獣医画像診断学会による「脳腫瘍治療の現状と進歩」、日本獣医麻酔外科学会・日本獣医循環器学会による「血栓症の治療を考える」、日本獣医循環器学会・日本獣医画像診断学会による「心エコーの可能性を追求する」をテーマに行われた。
 また、20日には獣医麻酔外科学会が本年度より一般社団法人化したことを受け、日本獣医麻酔外科学会としての臨時総会が開催された。廉澤 剛会長(酪農学園大学)の説明のもと、理事5名の選出、世界獣医麻酔会議の経過報告、HPのリニューアルとFacebookの新設などの報告がなされた。また、一般講演アワードでは、計6題が選ばれ、懇親会にて表彰式が行われた。
 本大会の日本獣医麻酔外科学会大会長である浅野和之先生(日本大学)は、今回はじめて本大会の参加者が1,000名を超えたことを発表した。講演も、会場によっては人があふれるほどの盛況ぶりをみせ、展示会場では勉強熱心な比較的若い先生や獣医学生の姿が目立ち、展示企業も過去最大数ということで、今後もますますの発展を感じさせる3日間であった。

各学会の大会長である中山智宏先生(左)、浅野和之先生(中央)、亘 敏広先生(右、ともに日本大学)

第2回 Team HOPEイベント2015開催される

 2015年6月17日(水)、第一ホテル東京にて、Team HOPEイベント2015「Team HOPEが推奨するペットの健康診断と、これからの予防医療」が開催された。当会関東地区委員長の上條圭司先生(ゼファー動物病院)、協賛委員である山本俊之氏(ロイヤルカナン ジャポン)の開会のご挨拶のあと、同じく当会関東地区委員長である川瀬英嗣先生(王禅寺ペットクリニック)から「Team HOPE健康診断項目」の発表について説明が行われた。基本的データから身体検査、問診、視診・触診、聴診、血液検査、便検査、尿検査およびX線検査までおさえるべき項目を提唱し、全国における健康診断の基準化を図りたいとのことであった。
 また、特別講演としてTeam HOPE学術アドバイザーである石田卓夫先生(一般社団法人日本臨床獣医学フォーラム会長、赤坂動物病院)による「新しい獣医学の実践:病気になったら治す獣医学 vs 病気になる前に動く先手必勝の獣医学 」の講演が行われた。予防できる病気を予防するのは獣医師の使命であり、健康診断とは病気を早期にみつけると同時に病気がなく、問題がないことを確認し、飼い主に動物が健康であると伝える点に価値があると解説された。検査を行いながら飼い主に最低3回は獣医師の先生自身が何をしているかについて説明することによりコミュニケーションが構築できるということ、数値ではなく臓器で説明する大切さ、健康診断を価値のあるものにするために獣医師の先生の知識および意識が必要であることを説明された。
 今年2回目となる今回、北海道から沖縄まで、全国から獣医師の先生が集まった。19:30からのスタートではあったが、約160名の参加者と回を重ねるごとに盛り上がりをみせ、獣医界における予防医療の意識の高まりが感じられた。

川瀬英嗣先生(左)と石田卓夫先生(中央)と上條圭司先生(右)