カートを見る

学会・セミナーレポート

日本獣医臨床病理学会2015年大会 開催

 2015年5月30日(土)、31日(日)日本獣医生命科学大学E棟で、日本獣医臨床病理学会2015年大会が開催された。

 初日には日本獣医臨床病理学会と動物臨床免疫療法研究会の合同シンポジウム(1)「免疫応答と疾病の発生・進展との関係~疾病の発生予防と治療を目指して~」、金沢大学がん進展制御研究所所長の大島正伸先生を招いた特別講演「慢性炎症が促進するがんの発生」、教育講演「腫瘍と炎症~細胞診でどう見分ける?~」、ドライラボ「専門医に聞く 細胞診 ライブ・ディスカッション」と一般演題、2日目にはDr.Mads Kjelgaard-hansenを招いた教育講演「Canin major acute phase proteins:From biochemistry and physiology to clinical application 犬の急性相蛋白~生化・生理学から臨床応用まで~」、学会総会、実験動物中央研究所の末水先生と国立成育医療研究センターの藤原成悦先生を招いた日本獣医臨床病理学会と動物臨床免疫療法研究会の合同シンポジウム(2)「疾病モデルを用いた病態の解明~獣医臨床研究会におけるNOGマウスの有用性を考える~」が実施された。

 初日の合同シンポジウム(1)では、伴侶動物における担がん個体の免疫抑制細胞、抗体療法の開発の現状、がんの進展と炎症との関係についての講演があり、最後の特別講演では大島先生より慢性炎症とがんの発生との密接な関係について最近の研究結果を交えた講演がされ、シンポジストと参加者との間で伴侶動物におけるがんの発生について意見交換がされた。教育講演では、前半は腫瘍と炎症を鑑別診断する方法、後半は細胞診で腫瘍と炎症を見分けるポイントについて講演があり、基礎からわかりやすい各カテゴリー別の特徴についての解説に、会場の参加者は熱心に耳を傾けていた。ドライラボではスクリーンに映し出された標本スライドの画像を診ながら、専門医と参加者との活発な意見交換がなされた。2日目の教育講演では、Dr.Madsから犬の急性相蛋白について最新の研究成果を交えて臨床応用の有用性について講演がされ、参加者との活発な意見交換がなされた。合同シンポジウム(2)では、重度免疫不全マウスNOGマウスを用いた疾患モデルについて、末水先生からは総論、藤原先生からは人のEBウイルス疾患、日本獣医生命科学大学の道下先生からは犬の乳がんについて講演があり、シンポジストと参加者との間で獣医臨床研究におけるNOGマウスを用いた疾患モデルの有用性について意見交換が行われた。

会場の様子

第1回 日本獣医動物行動研究会総会 開催される

 2015年5月14日(木)、東京大学弥生キャンパス 中島薫一郎記念ホール(東京都・文京区)にて第1回日本動物行動研究会総会が行われた。伴侶動物の問題行動や行動診療の発展に長く寄与してきた獣医動物行動学研究会であるが会発足から10年以上たち、認定医制度がスタートしたことや、今後は海外も視野に入れた、より積極的な活動実施を目指し「日本獣医動物行動研究会」と名前も新たに研究会をリニューアルした。

 第1回目の総会では、各役員が選出され、会長には武内ゆかり先生(東京大学)、事務局長に南 佳子先生(みなみ動物病院)が選出された。また実践教育委員会、卒後教育委員会、認定医試験委員会から本年度の事業計画が説明され、2015年の積極的な活動が期待できるものであった。

 総会に先立って実施された教育セミナーでは、「行動治療の進め方」(南 佳子先生、みなみ動物病院)、「犬における問題行動と身体疾患の関連」(水越美奈先生、日本獣医生命科学大学動物医療センター行動治療科)、「犬の問題行動症例におけるMRI・脳波測定の有用性」(荒田明香先生、ACプラザ苅谷動物病院・東京大学動物医療センター行動診療科)、「猫の不適切な排泄に関するガイドライン」(藤井仁美先生、GREEN DOG代官山動物病院獣医行動診療科)による発表があり、行動学診療の総論や犬や猫に関する個別のケースをとり上げたセミナーに、会場は、日本における獣医動物行動学の研究に関する理解を深めた。また総会後の懇親会では、新たなスタートに会員の先生方が親睦を深めた。

 本研究会はすでに会員限定のE-mailによる個人症例相談を行っているが、加えて、実践力強化を目的とした症例検討会を9月、12月に予定している。
 研究会の詳細についてはhttp://vbm.jp/ を確認。

総会にて武内ゆかり会長(右)と、南 佳子事務局長(左)