カートを見る

学会・セミナーレポート

The 10th Comparative Ocular Surface Diseases workshop 開催される

 2019年2月27日(水)〜3月1日(金)の3日間にわたり、北海道・ニセコノーザンリゾートアンヌプリにおいて、The 10th Comparative Ocular Surface Diseases workshopが開催された。節目の第10回大会である今回、初日のドライラボと2日目のセミナーを取材したので、その概要を報告する。

 初日のドライラボでは、「Ocular Surface Analyser “I.C.P.OSA-VET”」と題し、(株)イナミが取り扱う、マイボーム腺機能と涙液、涙液膜油層評価や非侵襲的涙液膜破壊時間の評価が可能な検査機器を使用したワークショップが行われた。5〜6人のグループに分かれ、それぞれお互いの眼を用いた測定にトライ。自身の動物病院で実際に導入した場合のことを考え、楽しみつつも具体的な操作方法を体感した。ある参加者からの、眼表面の様子を数値として可視化できることで、飼い主への予防啓発の根拠の1つになるのではないかという話が印象的であった。

 2日目のセミナーでは、本大会会長の齋藤陽彦先生(トライアングル動物眼科診療室)のドライアイに関する現状と提言の講演を皮切りに、岩下紘子先生(トライアングル動物眼科診療室)の「Tear osmolarity changes in three dogs with Ocular surface diseases(眼表面疾患の3頭のイヌにおける涙液浸透圧モル濃度の変化)」、本号で執筆されている掛端健士先生(かけはた動物病院)の「4 cases of intracorneal hemorrhage in dogs(犬の角膜内出血の4例)」、同じく執筆されている北村康也先生(八雲動物病院)の「Meibomian gland dysfunction after the onset of bilateral blepharitis in a dog:case report(犬の両側性眼瞼炎発症後のマイボーム腺機能不全の1例)、そして、須賀康晴先生(すが犬猫病院)の「FHV-1 Keratitis: Classification & pathophysiology(猫ヘルペスウイルス-1角膜炎:分類と病態生理学)」「Classification of FHV-1 strain(FHV-1株の分類)」が発表された。

 また、休憩を挟んで、今大会の発起人でもあるD.Maggs先生(カリフォルニア大学デービス校)の「Herpetic corneal diseases in cats:How well have we characterized epithelial versus stromal versus endothelial syndromes? (ネコのヘルペス性角膜疾患:上皮性間質性症候群と内皮性症候群の関連性について)」、今回のゲストスピーカーである鈴木 崇先生(東邦大学医療センター大森病院眼科)による「Diagnosis and treatment for herpetic keratitis and endotheliitis in human(人におけるヘルペス性角膜炎および内皮炎の診断と治療)」が行われた。どの講演後でも、活発な質疑応答が展開され、すべての参加者の意識の高さが垣間見えた。

 参加した太田充治先生(動物眼科センター)は、本大会の意義について、日本の最先端の情報を入手できる場所であり、同時に世界的にみても最先端の情報を入手できる場所で、少しでもその情報に触れるために参加しているとのこと。

 当日はECVO会長のVerbruggen先生をはじめ、ベルギーや韓国からも参加者が集まり、好天の銀世界に囲まれた会場で、お互いの意見を交換した。

会場の様子

第三回 比較臨床麻酔カンファレンス開催

 2019年3月17日(日)、国立科学博物館内日本館2F講堂において一般社団法人日本動物麻酔科医協会(JAVA)主催、VSJ合同会社共同運営による第三回比較臨床麻酔カンファレンスに110名以上が参加し、協賛企業8社で開催された。
 JAVAは「全く痛みのない外科治療を獣医療において定着させる」ことを活動目標の1つとしており、本カンファレンスもその活動の一環として2017年から年1回のペースで開催され、思いを共有する人たちの交流の場となっている。
 内容はKEYNOTE、OPINION、EVIDENCEの3部構成となっていた。KEYNOTEでは「日本の獣医療における麻酔科の近未来」をテーマにシンポジウムが行われ、二次診療病院の周術期管理チームにおいて麻酔科医が不可欠であること、一般診療病院が麻酔科医と協力することのメリット、女性獣医師の活躍の場として麻酔科が優れていることなどが複数の異なる立場から討論された。OPINIONでは「私はこう考える・麻酔計画とトラブルの予防対処」をテーマにパネルディスカッションが行われ、肥満患者、肥大型心筋症、非協力的な性格の患者、不整脈の対処に関して、麻酔科医同士の質問、助言、提案などが忌憚なく活発に行われた。EVIDENCEでは論文の検索から選択基準、読み方、考え方に関する講演が行われた。
 KEYNOTEは藤田淳先生、麻生暁秀先生、牛草貴博先生、古川美帆先生、三好紀彰先生、OPINIONは下田有希先生、古川美帆先生、土居瑛希子先生、鈴木さやか先生、石塚友人先生、飯塚智也先生、佐野洋樹先生、EVIDENCEは石塚友人先生が務められ、主な座長はJAVA代表の長濱正太郎先生が務められた。

日本獣医皮膚科学会第22回学術大会・総会 開催される

 2019年3月10日(日)、国際ファッションセンター(東京都・墨田区)において、日本獣医皮膚科学会 第22回学術大会・総会が開催された。
 今回のテーマは「皮膚免疫」。海外招聘講演としてはDouglas DeBoer先生(University of Wisconsin)「皮膚疾患に対する免疫療法の実際」が、科学講演では久保亮治先生(慶応義塾大学)「表皮の3次元構造から理解する皮膚の機能と疾患病態」、小林哲郎先生(NIH)「アトピー性皮膚炎とマイクロバイオーム」が行われた。
 またシンポジウムは「皮膚免疫に着目した治療のアップデート」と題し、福山朋季先生(麻布大学)「オクラシチニブの新しい作用メカニズム」、伊從慶太先生(Vet Derm Tokyo)「オクラシチニブの使い方」、大隅尊史先生(東京農工大学)「ステロイドの使い方」、大嶋有里先生(犬と猫の皮膚科)「シクロスポリン・インタードッグの使い方」の講演が行われた。
 一般演題が9題、ポスターセッションは23題が発表されたほか、大隅先生と村山信雄先生(犬と猫の皮膚科)の「PRO/CON Debate 減感作療法行う、行わない?」、横井愼一先生(泉南動物病院)、伊從先生がモデレーターとなった「みんなで症例検討会」、また大隅先生、江角真梨子先生(Vet Derm Tokyo)、関口麻衣子先生(アイデックスラボラトリーズ(株))、村山先生がそれぞれ小会場で行う「円卓会議」など、討論を含むプログラムも多く盛り込まれ、聴講者も積極的に参加していた。
 次回は2020年3月8日(日)、大宮ソニックシティに会場を戻して開催の予定。

会場の様子

第15回日本獣医内科学アカデミー学術大会 開催

 2019年2月15日(金)~17日(日)、第15回日本獣医内科学アカデミー学術大会が、パシフィコ横浜(神奈川県)で開催された。
今年もJCVIM主催による多くのプログラムが展開され、教育講演、ステップアップセミナーやシンポジウムなど、伴侶動物獣医療における幅広い分野のセミナーが、獣医師や動物看護師へ向け実施された。また今年も多くの共同団体による講演も実施された。日本獣医がん学会、日本獣医腎臓泌尿器学会、日本獣医皮膚科学会、日本獣医臨床病理学会、ねこ医学会、獣医臨床感染症研究会、共同運営夜間救急動物病院連絡会、日本獣医輸血研究会、日本獣医動物行動研究会等、20を超える学会や研究会が参加し、専門性の高いプログラムを展開した。
 3日間でもすべて受講しきれないほどの充実した内容に、参加者たちはお目当ての会場へ足を運んだ。

 本年のJCVIMアワード(症例検討アワード、協賛:ファームプレス)は、北海道大学の田村昌大先生による「Shear Wave Elastography (SWE)により重度肝線維化を予測出来た若齢犬の1例」、岐阜大学の野村 咲先生による「オクラシチニブによる運動誘発性横紋筋融解症が疑われた犬の一例」が受賞された。

 「これからはアジアで専門医を育てる時代であり今大会は新しい潮流のターニングポイントと捉えている」という本大会。3日間で2,977名の参加者が集った。2020年の第16回本学術大会は、2月21日~ 23日に同会場にて開催予定。

JCVIMアワード、授賞式の様子

共同運営夜間救急動物病院連絡会(NANEHA)第6回会合 開催される

 2019年2月16日(土)、共同運営夜間救急動物病院連絡会(Nationwide Jointly Operated Nighttime Emergency Animal Hospital Association、NANEHA)第5回会合が、パシフィコ横浜(日本獣医内科学アカデミー開催期間中/神奈川県)で開催された。本会は、現場スタッフの働き方や夜間という時間帯のスタッフの拡充や勤務中の安全確保などを含めた、夜間救急動物病院の運営、経営を目的とした情報交換を行うことを目的に設立された。会合では全国の共同運営による夜間救急病院の関係者が集まる。現在は24の動物病院が参加。

 会合では2017年から日本でも始動したRECOVER、そして今年7月28日に開催予定のJVECC Fes2019(前身はにっぽん動物救命救急カンファレンス)などについて主に話し合われた。獣医救急集中治療への関心が高まるなか、一般社団法人日本獣医救急集中治療学会(JaVECCS)の設立(2019年3月予定)に向けてRECOVER Initiative JapanやVECCS(米国救急集中治療学会)との連携を進めていくなど、今後の展開を模索した。

 獣医救急集中医療を、日本にとどまらずアジアというフィールドでもイニシアチブをとっていくべきという意欲あふれるJaVECCSと、それらを経営や人材確保等の視点でどのようにサポートしていくか、安定した夜間救急動物病院の運営を担う本連絡会の今後の活動が期待される。

会合の様子

学校法人シモゾノ学園 2019年度年次大会

 2019年2月21日(木)、東京・大田区民ホール アプリコ大ホール において、学校法人シモゾノ学園 2019年度年次大会が開催された。本大会は、専修学校教育を通して人財育成を実践する国際動物専門学校・大宮国際動物専門学校が、学生のキャリアアップを支援するため、約900名の全学生を集めて開催している。今回は特別講演として鎌田伊津子先生(埼玉県金融広報委員会)による「若者が巻き込まれやすいトラブルと対処法について」、井上貴文先生(目黒洗足動物病院)による「動物保護 ~今自分達にできること~」が、また学生たちの行った「社会的基礎力プロジェクト」の発表および優秀作品表彰、国内研修クラスパフォーマンスでの上位クラス発表、動物看護師統一認定資格試験決起会などが行われた。
 シモゾノ学園を卒業する学生のほぼ全員が、動物看護師やトリマーなど動物とかかわる職業の社会人となる。特別講演では、彼らが身近な問題として考えるべき事柄がとりあげられ、鎌田先生は消費生活相談員として、20歳前後の人が巻き込まれやすいネット売買等におけるトラブルの傾向や対策について解説、井上先生は、臨床獣医師であり保護活動に携わる経験から、小動物臨床現場のスタッフとなったとき、動物保護の第一歩として何ができるかについて語られた。
 学生たちは、いつもの教室とはちがう環境で、動物とかかわる職業の社会人となったときのためにどのような心構えが必要か、質疑応答も交え熱心に学んでいた。

会場の様子

ドイツ&オランダ動物保護施設視察ツアー報告会 開催

 2019年2月13日(水)、京王プラザホテル(東京・新宿)で、公益社団法人 東京都獣医師会による平成30年度第2回賛助会員ミーティングに続いて、2018年11月8~15日にかけて催行された「ドイツ&オランダ動物保護施設視察ツアー報告会」が開催された。

 本ツアーは東京都獣医師会の監修のもと実施された視察ツアーで、日本獣医師会会長、東京都獣医師会副会長、都議会議員、開業獣医師、企業獣医師、ペット保険、ペット共棲型老人ホーム、ペット用品販売・卸、ペット葬祭・霊園、建築等、多岐にわたる業界から参加者が集い、ハノーファーティアハイム、オランダ最大の動物保護施設であるDOA(Dierenopvang Amsterdam)、ティアハイムベルリン、ファルケンゼーティアハイム等を訪問した。

 報告会では、「ドイツから学ぶ共生社会と東京都の今後の展開について」を栗林のり子氏(東京都議会議員)、「ドイツでのペット葬儀・埋葬事情」を齋野勝夫氏(城南ペット霊園)、「ドイツにおけるペット保険事情」を兵藤未來氏(アニコムホールディングス株式会社)、「動物保護施設における建築的アプローチ」を金巻とも子(かねまき・こくぼ空間工房)、「ZooZajac(ツォー・ツァヤック)」を坂口清志氏(ジャペル株式会社)、「国民の動物に対する意識」を山川伊津子先生(ヤマザキ動物看護大学)、「ドイツ・オランダ動物保護施設ツアー報告会」を戸上由香梨先生(ハノーファー獣医科大学)、「ドイツ全土に、なぜ1,400以上のティアハイムが存在するのか?」を藤井立哉先生(ペットフード・テクノリサーチ)とそれぞれの視点から発表され、約2時間以上に及ぶ熱意ある報告に会場は熱心に耳を傾けた。

 「たくさんのティアハイムをみてもらうことが、今回のツアーの目標でした。」という本ツアーの中心となり尽力された平井潤子先生(東京都獣医師会事務局長、ANICE代表)。
これからも日本オリジナルの人と動物の共生社会のあり方や、動物業界のこれからについて一緒に考えていきたいと語る。次の視察ツアーが待たれる。

会場の様子

本視察ツアーの監修を務めた
東京都獣医師会、会長村中志朗先生

東京都獣医師会副会長の小林元郎先生は
本ツアーに同行

東京都獣医師会事務局長であり本視察ツアーの
中心メンバーである平井潤子先生

日本獣医再生医療学会 第14回年次大会 開催される

 2019年2月2日(土)~3日(日)の2日間にわたり、アットビジネスセンターPREMIUM新大阪において、日本獣医再生医療学会 第14回年次大会が開催された。
 今回は「ご家族に笑顔を届けられる細胞療法を実施するには―みんなで考えよう―」をテーマに、学術倫理基礎講習会、症例検討会、学術発表会のほか、韓国における再生医療の現状や、ガイドラインおよび届出制度に関する講演が行われた。また、別会場において培養技術講習会が行われた。
 2日目の徹底討論では、はじめに「幹細胞療法の限界?!―失敗症例をもとに考える―」と題し、鳩谷晋吾先生(大阪府立大学)をアドバイザーに、横山篤司先生(さくら動物病院)から幹細胞療法を実施し奏効しなかった症例が複数紹介され、活発な議論が行われた。また、「伴侶動物と暮らすご家族に笑顔を届けられる活性化リンパ球移入療法を考える―LINEで参加―」では、牛草貴博先生(関内どうぶつクリニック)をアドバイザーに、平野由夫先生(ひらの動物病院)司会のもと、獣医師の先生からはもちろん一般の飼い主から集められた細胞療法に関する情報をもとに議論が展開された。
 本学会顧問である石田卓夫先生は、初日の挨拶のなかで、再生医療分野を勝ち戦にするためにはエビデンスづくりを一丸となって行うべきであると述べた。2019年の立春を前に多くの参加者が集まり、その熱意に新たな萌芽を感じる学会であった。

会場の様子

第20回 日本獣医がん学会 開催される

 2019年1月26日(土)、27日(日)、ホテルニューオータニ大阪において、第20回日本獣医がん学会が開催された。両日の参加者は650名にのぼり、賛助会員16社・協力企業9社からランチョンセミナー協力2社、学会広告協力6社、展示協力12社であった。
 メインシンポジウム「肥満細胞腫」は症例検討も含め学会2日目を丸1日使って講演された。「肥満細胞腫」は過去の日本獣医がん研究会時代(2006年)に開催した第23回日本獣医がん研究会以来のメインテーマである。学会1日目には認定医Ⅱ種講習会対応の総合教育講演、外科および内科の教育講演、外科シンポジウム、一般口演/臨床研究が実施された。
 演者や講演アドバイザーだけでなくフロア参加者からも広く知見を求める熱心な意見交換が満席の各会場でみられた。
なお、次回大会は7月6~7日に「犬の軟部組織肉腫」をメインテーマに東京で開催予定(http://www.jvcs.jp/society/index.html)であり、さらに来る2020年3月にはやはり東京にて世界大会と合同開催が予定されている。2022年までの学会開催案内が日本獣医がん学会ホームページ(http://www.jvcs.jp/secretariat/2018-12-18.html)に掲載されている。

会場の様子

第97回日本獣医麻酔外科学会/第109回日本獣医循環器学会
秋季合同学会 開催される

 2019年1月12日(土)・13日(日)の2日間にわたり、仙台城址近くの仙台国際センターにおいて、第97回日本獣医麻酔外科学会/第109回日本獣医循環器学会秋季合同学会が開催された。

 今回も特別講演、合同シンポジウムのほか、教育講演、リフレッシャーコース、シンポジウム、パネルディスカッション、症例検討会、一般講演、動物看護師対象セミナーなど、計7会場にて外科および循環器の最新情報を盛り込んだセミナーが行われた。また、シュミレーターを使用したリカバーCPRの体験特別会場も設けられた。

 初日には、上地正実先生(JASMINEどうぶつ循環器病センター)講演の「僧帽弁閉鎖不全症の診断と治療-ACVIMコンセンサスの最新情報-」が行われ、現在進行中のACVIMにおけるコンセンサスの改定ポイントを含めた最新知見が解説された。

 2日目の午前中にはシンポジウムとして、「災害派遣医療チーム(DMAT)専門医師から学ぶ災害時の獣医療」が行われ、立石順久先生(成田赤十字病院、千葉大学)の「災害時における災害拠点病院・DMATをはじめとした医療供給体制の現状と課題」の講演をはじめ、VMAT獣医師についてを藤本順介先生(ふじもと動物病院)、人とペットの災害対策ガイドラインについてを田口本光氏(環境省)、東日本大震災に伴う被災ペットの救護についてを平野井 浩氏(福島県保健福祉部食品生活衛生課)が解説された。

 会場によっては席が足りないほどの盛況ぶりであり、懇親会では仙台ならではの出し物が催され、2日間にわたり多くの先生方が充実した時間を過ごした。

会場の様子

次のページ »